読書日記

「ルパンの消息」「六の宮の姫君」「算法少女」

最近印象に残った本です。「ルパンの消息」これは文句なく面白い!よく出来ています横山秀夫さんは警察小説が鋭い切り口で人気ありますね。昭和という時代私も近い世代なので懐かしく青春時代を思い出しました。時効が24時間に迫った15年前の高校女子教師の墜落死、自殺とされたのが一本の電話タレこみで殺人事件に、、三人の不良高校生がテストの答案用紙を職員室に盗みに入る「ルパン作戦」から時間はさかのぼりあの「三億円強奪事件」まで出てきます。平成生まれの社会人が登場してきた現代私には昭和が懐かしい限りです。「算法少女」安永4年1775年に刊行された算法少女の史実をもとに遠藤寛子さんが丁寧に書かれた歴史小説、著者は教師をされていたそうで少年少女向きの行間の広い大変読みやすいそう夏休みの読書感想文に向いているかもしれませんね。父から算法の手ほどきを受けていたあきの物語であの時代庶民の間にも算法を習う習慣が広がり日本はほんとに知的レベルの欲求が高い国民だなと感心しました。途中算法の問題が出てきます、、が回答がわかりませんでしたcoldsweats01「六の宮の姫君」これは推理小説ミステリーなのですが特に殺人や大きな出来事はおこりません、。知的謎解きミステリーというかなんというか、、、卒論を前にした文学部の女子学生が芥川龍之介をテーマに六の宮の姫君(王朝小説?残念ながら私は芥川龍之介はあまり知りません。彼をの自殺にいたる経緯こういう破滅型の作家というのはどうも、、、)をアルバイトで入った編集社で資料集めや図書館で調べながらと地味な方法ですが、、芥川をめぐる人々(菊池寛など)を交えて知的レベル(あくまでこの小説は知的だと思います!凄いわ北村さん!)でミステリーと解いていく小説です。感想は、、、微妙です面白くなかったわけではないいやむしろ菊池寛(確か昼ドラで「真珠夫人」を見たくらい)や芥川の作品を読んで見たいという広がりはありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真由美の本棚

サイドバーに本棚を作りました。本当は読書日記なんてカテ作っているくせに、感想ほど難しいものはない!って自分の読み込む力文章力のなさをようやく知りました。(遅すぎsign01)まったくもって思ったことを文章にするのは難しい!です。最近の大学生がレポートを書くのにコピペを網羅しているというのも納得?です。いやそのうち新聞なんかも貼り付けたような記事ばっかになるんじゃないかしら?と、、脱線しましたがいちおう記録っぽく読んだものなどをそうそう「オリンピックの身代金」はお勧めです。主人の知り合いの方が著者の奥田英郎さんと同じ高校だったらしく珍しく夫婦で本の話も出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

考える人2010年春号

テーマははじめて読む聖書旧約も新約もほとんど知らないけど、知らないのにしっていた(?)気にさせられるないようでした。絵画などでは聖書にちなんだ絵が多いので絵から聖書を想像したりする程度つまり断片断片でなんとなくって感じでしょうか。旧約聖書は内容として39の文書が収録されており正典としての正立年代は前7世紀前半から後1世紀の末、およそ700年の年月をかけ今の形に編集されユダヤ教の正典として確立されたそうです。ヘブライ語ギリシャ語サマリタン版聖書の3つがありカトリック教会のラテン語訳はギリシャ語ヘブライ語から翻訳されたそうです。「律法」「預言者」「諸書」の3つに分けられこの中で中心となるのが天地創造からモーセの死までを扱った「モーセ五書」と呼ばれる「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」がそれ。予言者は「前予言者」と「後予言者」に分けられ前予言者は歴史書、後予言者は三人の大予言者12人の小予言者たちの記録、諸書と呼ばれる7つの文書は「ヨブ記」「詩篇」「箴言」「雅歌」「コヘレトの言葉」「哀歌」「ダニエル書」と詩や格言男女の恋愛と女性美をうたいあげる詩など文学作品もありかなり文学的な傾向もあるようです。新約聖書は27の文書からなっていてイエスの生涯を綴った「マタイ」「マルコ」「ルカ」「ヨハネ」の4つの福音書、初期キリスト教の布教記録で「使徒行伝」「パウロ書簡」「公同書簡」と呼ばれる多くの手紙、最後に「ヨハネの黙示録」がある。と聖書の説明よりいちばん面白かった読み物は内田樹と福岡伸一さんの対談です。動的平衡という概念なんですがまあこれ説明するのが難しいですが、つまり動的平衡とはそれを構成する要素が絶え間なく消長交換変化しているにもかかわらず全体として一定のバランス恒常性が保たれている系(システム)生きていることも自然ということも環境ということも地球全体も動的平衡にあってその中でぐるぐる原子が回っているに過ぎない、生命活動は回っていき次へとバトンタッチしているしくみ。これが経済活動にもあてはまるという理論なんです。”ものがぐるぐるまわる”システムというのは物や貨幣に価値があるのではなくその「系(システム)」そのものに価値がある。。とても難しいけど読み込んでいくとなるほどと思わせる対談でした。

Kangaeruhito

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しい漢字

全くもう本がなかなか進みません。この「チボー家の人々」10の1914年夏Ⅲはいったいいつから読んでいるかもうわからなくなってきました。なんせ漢字が難しい!翻訳の山内さんはかなり古い言葉をつかっています。

謹聴きんちょう→よく聞け

喫禁きつきん→さしせまって大切なこと

天稟てんぴん→天性

遁辞とんじ→責任逃れの言葉

弥縫びほう→失敗を一時的にとりつくろう

首鼠両端しゅそりょうたん→どちらにしようか心を決めかねていること

膺徴ようちょう→征伐してこらしめること

暴虎馮河ぼうこひょうが→命しらず

嚥下えんか→飲み下すこと

闡明せんめい→はっきりしていなかった道義をあきらかにすること

奔放不羈ほんぽうふき→束縛されないこと

旈りゅう→旗を数える単位

容喙ようかい→差出口

広辞苑で調べたものがほとんどですがちょうど息子が帰省していたときは電子辞書を借りました(この下書きだけでもう時間がかかっています)色んな漢字が知れてよかったけど

最近はほどんど使わないものばかりですね。年代年齢もありますが翻訳家というのは他国語以上に母国語にかなり通じていないと出来ない仕事だと思います。この本の時代1914年はもうほとんど100年前です。一世紀経っても変わらない男女の気持ちだとか社会を取り巻く問題格差やプロレタリア、ミリタリズムに平和主義長編小説は成長小説でもあります。それは個人だけではなく社会や政治の変化など。以前「長編小説とは今読んでいますというものではなく今読み返していますというものである」というエッセイを読んだことがあります。また英国の学者達が恥辱ゲームというもので世界的に有名で学者だったら絶対読んでなきゃいけないのになんと読んでいないという本を告白するそれが名著であればあるほど勝つ、しかし自分は恥辱にまみれるというゲームがあったそうです。これは「失われた時を求めて」が圧倒的だったらしい。でもこれって現代の日本の学者ではあり得ないんじゃないかなだってみんな見栄を張らないものね。見栄って結構大事ですね~と全然違うところで総括していまいました。あと3巻12の1914年ⅳ、13,14のエピローグ!マラソンで言えば35キロ地点?一番きついとこですねpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

前に書いた読書日記を見たら11月16日!なんて間が空いたことかしらthunderあのとき「チボー家の人々」はだった。今は8!全然進んでない~色々他の本を読んだりもしたけど海外の古典は言葉が難しいのよねこのまえTVのバラエティ(?)クイズ番組はそうだよね?で高学歴タレントが漢字検定1級に挑戦するのがあっていたけどそれに出てくるような難しい漢字が使っていたりするので、付箋をして辞書で調べたりなかなか文章自体が日本語らしくない(←この表現あってるかな?)たとえば「均霑」ってわかります?「きんてん」で意味は”生物が等しく雨露の恵みにうるおうこと”らしいんだけどこの手の漢字検定級の漢字がけっこう出てきます。(PCでも変換でないから部首で探したわ)だったら読むのやめりゃいいじゃんって思うけど、へそ曲がりの私はついつい読んでしまうんですよね。何度も図書館で延長しているのに全然予約が入らないし、、coldsweats018巻から11巻は「1914年夏」でごぞんぞ第一次世界大戦に突入するまでのいきさつがあります。1914年6月サラエボでオーストリアの帝位後継者フランツ・フェルディナント夫妻がサラエボでセルビア青年に暗殺されたことがきっかけでオーストリア・ハンガリー帝国がセルビアに対し最後通牒をつきつけ、セルビアのバックにつくロシア、ロシアは日露戦争敗退後コンスタンチノーブル目指しバルカンを南下、又領土的野心に満ちたドイツそれを包囲するイタリアフランスなどを巻き込んでのヨーロッパの動きが、革命青年となった主人公のジャック・チボーやそれを取り巻く兄のアントワーヌや友人のダニエル、恋人のジェンニー、戦争回避へと動く各国に同志たち、、またこの著者デュ・ガールの特徴として虚構の中に実際の登場人物を登場させ小説主人公と関係を持たせたり、主人公に現実の歴史の中で実際の歴史を動かす役割をさせたりとこれだけ長い小説だと大河ドラマ風になるんですかね。確かこの時代は日本でも今話題に取り上げられる「蟹工船」などプロレタリアが資本家に対して劣悪極まりない労働条件や搾取に反発してゼネストや社会主義に刺激された革命などが登場していますよね。まあ日本のよりは面白いです。実際ジャン・レオン・ジョーレスという左翼の政治家(1859~)が登場します。まだまだ先は長いですが目を大切に読めるとこまで読むつもりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近読んだ本

「チボー家の人々」は6まできました。特に大きな変化はないのですが3,4はチボー家の兄アントワーヌの恋愛や私生活が主で5は”診察”これも一日にわたるアントワーヌの医師としての出来事です。せっかくここまで読んだのだからと最後まで完読目指します。ただ、13巻まであるそうで、、、第一次世界大戦などがあるみたいですが、、おもしろくなかったら挫折しそうです。あと「ビューティフル・マインド」という素晴らしいDVDを観て「素数の音楽」マーカス・デュ・ソートイを読みました。ずっと以前の借りたことあったのですが、完全な斜め読み今度は少し丁寧によみましたでも内容は??難しすぎて数学的なことは理解できませんでした、なんせ中学生レベルの数学も怪しいおばさんですのでgawk「ビューティフル・マインド」はある天才数学者が統合失調症に陥り苦しみながらも周りの支えや自らの意思で克服しノーベル経済学賞を受賞した、実在の人物ジョン・ナッシュ博士のお話です。素数はご存知2や3、5や7,9といった数の原子です。それは気まぐれにあわられる予測のつかないもの、、ですがそれに規則性があって素数はある決まりのなかで現れるなんだか幼稚な説明ですがいわゆる「リーマン予想」(ドイツの数学者1826~1866で天才は長生きできないんですね)は150年来たくさんの数学者を悩ませてきた難問です。なかには一生を(魔力にとりつかれ?)それにささげた数学者も多いようです。「ビューティフル・マインド」は娯楽ですのでストーリー性がはっきりしてわかりやすく面白かったですが、「素数の音楽」は難しい用語やもちろん専門的な公式sadもありですらすら読めたばかりとそうでない部分が分かれました。ただ文学的な(読み物的?)数学者の人生や社会背景小説風な仕立てなどもあったので比較的楽しく読めました。そして偶然昨日日曜のTVで「リーマン予想」のドキュメンタリーをやっていました。著者のマーカス・デュ・ソートイやジョン・ナッシュ博士も出てきました。「自然の理解と活用に関する限り時代の文化全体を担っているのは数学である、数学はわたしたちを豊かにしそうすることで私達が自分自身を超えることを可能にする優れた人間的な営みのひとつである。」数学者たちのリーマン予想という大きな難問に対する証明への旅はまだまだ続きそうですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

須賀敦子

10/18日のETV特集で須賀敦子~霧のイタリア追想~自由と孤独を生きた作家~を見ました。なくなって10年あまり1953年にヨーロッパへ渡りその後イタリアへイタリア人の夫ペッピーノが亡くなってからも数年暮らし、日本へ帰ってからはなんと60歳を過ぎての作家デビューです。それにしてもなんと文章のすばらしくエレガントな作品の多いこと、、イタリア時代の「コルシカ書店の仲間達」や「霧の向こうに住みたい」、、インタビューで作家の江國香織さんがまるで映画を見ているような気がすると評していましたが、私はまるで絵画のような美しさそして暗くて陰の部分のイタリアも隠さず描写されていることにこの人は両方の国を知る人だなあとつくづく感じました。翻訳の世界でも母国語を他国語に訳し他国で支持される例は彼女くらいだろうと翻訳の質の高さを評価されていました。もっと長生きしてたくさんの本を書いてほしかったけどだからこそこうやって彼女の良さが若い世代に指示されるのかもしれません。このデジタル社会に深く思考することの大切さを改めて読み返しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「チボー家の人々」と「派遣のオスカル」

「チボー家の人々2 少年園」1が思いのほかおもしろかったので2も内容を忘れないうち、投げ出すことなく読めました。1で家出した主人公ジャックが厳格なカトリックの父に矯正施設に入れられるというところから、そこで酷い目にあい面会に来た兄のアントワーヌに施設から出され引き取られ兄弟2人の生活がはじまりそこへ年上の女性の登場で恋や性に目覚めまたダニエルとの再開で新しい関係が出来ていく、、とまあ特別大きな盛り上がりなどはなかったのですが登場人物がそんなに多くなくロシア文学のように名前が複雑でないので(愛称でいくつも呼び方が変わる)比較的読みやすかったです。

そして、最近私が見てる唯一のNHKで金曜のドラマ「派遣のオスカル」おもしろいんです!なにせ「ベル薔薇」は小学生のとき読み倒していますから内容はもちろん大好きだったからせりふまで頭に入っている。主人公の田中麗奈演じる勝子は大の少女漫画好きで、特にベル薔薇のオスカルの言葉は、恋に仕事に躓きそうな時勝子を奮いたたせてくれます。あと社長Jrでチュートリアルの徳井君との関係、来週は最終回なので展開が楽しみです。

なんでこのふたつかというと無理やりですが、ふたつとも「ベルサイユの薔薇」「チボー家の人々」フランスが舞台ということで共通点を探しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チボー家の人々1

1「灰色のノート」たしか「8部」まであるらしいです。意外とおもしろかったですペストがいまいちだったからどうかなと期待してなかった。作者のロジェ・マルタン・デュ・ガールは1881年生まれで1937年には「チボー家の人々」の第7部「1914年夏」でノーベル文学賞をもらっているらしいです。1914年は第一次世界大戦が始まった年ですね。1だけしか読んでないのですが、因襲的な古いフランスカトリックのチボー家の父と兄アントワーヌそして弟ジャック、対してプロテスタントのフォンタナン家の夫人と長男ダニエル、妹ジェンニーの二つの家をめぐる第一次世界対戦前後のフランスを舞台にした物語です。1は主に兄アントワーヌとジャック、そしてジャックの友人のダニエルの思春期小説といったところです。ジャックとダニエルがひそかにかわす特別なノート(主に詩)そして学校や親にそれを見つけられた二人は家出をします。それを探すチボー家の父親とダニエルの母、神父さんなどもよく出てきてカトリック対プロテスタント、戦争の足音など当時のフランスが抱える問題など、、まあほとんど解説に書いてあったのですが1だけではそこまでわかりません。作者は第一次大戦にも応召されていてこの作品は19年かけて書かれたそうです。先は長そうですが1の内容をわすれないうちに2を読めたらと思います。訳で家番のところにルビで「コンシェルジェ」とありました。ホテルとかにいるかっこいい人!と思っていたのに「家番」翻訳された1984年(昭和だわ!59年?)と今は全然違いますね。翻訳もその時代にあったものがやはりいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

「夜間飛行」サン・テグジュペリ

サン・テグジュペリ自身が民間郵便航空機のパイロットとして南米や北アフリカ大陸を夜間飛んでいた頃のお話だそうです。彼によると「空を耕す」と、、、南米の地名が色々出てきてパタゴニア、コモドロ、サン・フリアン、バイア・ブランカ、、、地図を見て聞いたことのある都市もありましたがそうではないところも、、夜間の飛行はとにかく危険がおおかったようでパイロットや孤独や恐怖のなか家々の明かりや外灯のある町への思い星への憧れはそれはそれは特別なものがあったと思います。私が読んだのは最近出版されたもので昔の翻訳はまた違ったものと思います。とにかく訳者さんで全然違うので特別面白いとは思いませんがまあ短かったので完読できてよかった~

「ペスト」アルベール・カミュ(1913~60)最後まで読むのかなりつらかったです~なんの抑揚もない場面がつらつらと私の読み込みが足りないのかな、アルジェリアの港都市オランでペストが発生し街は隔離、他と断然状態の中に置かれた人達の暮らし、恐怖や苛立ち人間模様など医師リウーを通じてかなり長い間病は続いた?(ちょっと期間わかりません)教会におけるパニック時の神父の話など、、アルジェリアはフランスの植民地だったのですね北アフリカということすら知らんかった!なぜ最後まで読めたかというと丁度5月ごろ新型インフルエンザのニュースが毎日のように放送されていたからつまり3ヶ月かかったってことです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧